集合住宅

耐久性の高さ

集合住宅

賃貸物件で多い理由

日本の戸建て住宅のほとんどが、木造住宅となっていますが、昨今では鉄筋コンクリート住宅の需要が高まっています。なぜなら鉄筋コンクリート住宅には、耐震性と耐火性とが木造住宅よりも高いというメリットがあるからです。たとえ地震や火災が発生しても、命および家財が守られる可能性が高めということです。具体的には鉄筋コンクリート住宅は、鉄筋を芯にして固めたコンクリートで作られています。鉄筋もコンクリートもそれぞれ強度が高いのですが、鉄筋には錆びる可能性が、コンクリートにはヒビが入る可能性がそれぞれあります。しかしコンクリートに覆われることで鉄筋は錆びにくく、鉄筋の芯が入ることでコンクリートは割れにくくなります。つまり鉄筋とコンクリートは、お互いを守ることで、さらに強度の高い状態になっているのです。これが土台や柱や壁など随所に使われているため、鉄筋コンクリート住宅は耐久面で非常に優れているのです。しかし頑丈な分、鉄筋コンクリート住宅の建築には多くの費用がかかります。木造住宅が多いのは、それが理由のひとつとなっているのです。ところが賃貸物件には、鉄筋コンクリート住宅が多くあります。居住者を守るために、そして大家が長く収益を得るために、簡単には壊れない構造にしてあるのです。特に集合住宅タイプの賃貸物件の場合は、建物全体の重みを支えるためにも、そして居住者間での騒音トラブルを防ぐためにも、鉄筋コンクリートが使われていることがほとんどです。そのため、鉄筋コンクリート住宅に住まうことを希望する人の多くが、賃貸物件を利用しています。